ティーンに人気のデニムショートパンツ|カッコよく着こなす技

デニムで軽やかに

上品な着こなし方

レディ

デニムショートパンツは夏のボトムスとして定番になってきています。
90年代に大流行しましたが、流行を超えて普遍的なアイテムとして定着しました。
デニムショートパンツはカジュアルで軽やかな印象があるのが特徴です。
若々しいスタイルにあうともいえます。
ですが選び方と着こなしを注意すれば様々な年代の人に着こなせるアイテムです。
デニムショートパンツを選ぶときは、丈の長さ、裾の加工具合、サイズ感に注意して選ぶ必要があります。
丈の長さは、短いほど若々しくセクシーになり、長めだとカジュアルな感じになります。
あまりに短すぎるものを大人がはくと下品に見えることもあるので、短すぎには注意が必要ですが、中途半端な長さだと野暮ったくもなるので注意しなければなりません。
おすすめは2〜3分丈程度の少しゆるみがあるデザインです。
ぴっちりしているよりもゆるみがある方が足も細く見えますし、大人っぽくなります。
膝丈に近いとかなりカジュアルな感じになるので、カジュアルスタイルに合わせるときはそういった長さでもよいでしょう。
裾の加工具合は、ダメージ加工、折り加工、切りっばなし加工などがあります。
ダメージ加工や切りっばなしなどはカジュアルでクールな印象になり、折り加工は上品に見えます。
上品なコーディネートにカジュアルなデニムショートパンツの組み合わせもおしゃれなので、これは好みでもよいでしょう。
迷ったら上品な方を選べば間違いありません。

上手に着こなすためのコツ

女性

デニムショートパンツは、女性に人気のファッションアイテムの一つです。
特に夏に活躍し、上手に着こなせば、健康的な雰囲気をはじめ大人っぽい雰囲気やカジュアルな雰囲気といった様々なイメージを楽しむことが出来る人気アイテムです。
まず、大人っぽい雰囲気を出したい場合には、上着をゆったりとしたものにすることがおすすめです。
デニムショートパンツは、どうしても元気なイメージが付きやすいので、上着とのギャップを演出し、大人っぽさを出します。
さらに、靴は高めのヒールなどと合わせると良いでしょう。
足元をヒールにすることで、ぐっとデニムショートパンツが際立ち、美しく見えます。
サングラスなどのアイテムを使えば、さらに大人の女性の雰囲気を作り上げることが出来ます。
反対に、カジュアルな雰囲気でデニムショートパンツを着こなしたい場合には、Tシャツやタンクトップなどの上着に合わせるのがおすすめです。
夏らしく元気な印象になり、健康的な女性に見られます。
また、デニムショートパンツの中でもダメージ加工がしてあるものなどをチョイスすると、さらに雰囲気が出ます。
麦わらで出来たバッグやサンダル、スニーカーなどの靴と合わせるとよりバランスが取れておしゃれに見えます。
このように、デニムショートパンツを着こなす場合には、他のアイテムの組み合わせ次第で様々な雰囲気を作り出すことが出来ます。
自分のなりたいイメージを膨らませ素敵なコーディネートをしましょう。

印象の違い

婦人

デニムショートパンツは、季節を感じさせる健康的なイメージのあるファッションです。
特に若い女性たちの間ではとても人気があり、春夏の定番アイテムとなっています。
そのデニムショートパンツはいくつかの種類があり、それによって着こなし方や印象も違ってきます。
それぞれの特徴を知れば、ファッションの幅も広がります。
まず、裾を折りたたんだロールアップデニムショートパンツは、キュートでメリハリのある印象を与えます。
裾の部分がデニムの裏地となるので、表地との色違いからカジュアルなファッションに適しています。
次に、裾を折りたたまないシンプルなデニムショートパンツは、上品にまとめたい場合にはおすすめです。
基本的にこのタイプのデニムショートパンツはどのようなファッションにも合うので、着こなしやすい特徴があります。
また、ダメージ加工がされてあるダメージデニムショートパンツは、クールな雰囲気を求めたいときにはぴったりです。
ダメージ加工にもいろいろなデザインがあるため、好きな状態から選べます。
ダメージの具合は生地だけでなく、裾のほつれも大きな特徴となるので、自由自在なファッションが楽しめるようになれます。
以上のような種類から、特徴ごとにデニムショートパンツを着こなしてみるのもいいでしょう。
デニムの生地も色が薄いタイプから濃いタイプまであるので、色から選んでみる方法もあります。
デニムショートパンツは他のファッションアイテムによっても大きく印象が変わるので、組み合わせ方をイメージしながら選んでいくのも大切です。